2006年01月03日

むせずに飲むために


 みなさま 明けましたー




  去年はいろいろあった性強購買部
  今年もいろいろありました




  正月といえばお餅 気管につまらせる事故も多いですね

  今日はこのお話

  物を食べた時、それが食道ではなく気管のほうに
  はいるとむせてしまうわけです
  人は他の動物よりもこういった現象が起こりやすい構造と
  なっております 動物は気管が食道に飛び出しているから
  食べ物はちゃんと食道のほうをとうりますから

  ここで食べた(飲んだ)ものが気管にはいらないように
  するには


  @さらさらしたものより粘性のあるものを
   粘性があるものだとゆっくり食道を通るので
   粘性がないよりも気管に入る可能性が低くなります

   これは問題なさそうですね


  A人の体温はダメ
   人肌の体温のものは熱い物、冷たい物より気管に入りやすくなります
   人肌の体温だと口に入ったときの刺激が小さい為に
   うまく気管への蓋が閉まらない可能性があるからです

   これは問題ありですね
   一回出してから 冷やすなり温めるなりしたほうがいいかもしれません
   
  B姿勢にも注意
   ペットボトルを飲むように
   首を上を上げて飲むと食物がすとんと落ちてしまい
   気管に入ることが多くなります
   
   これはどうにかなるかな
   あんまり飲むときの体勢で上を向くような姿勢はやめましょう



   これで あなたもむせずに飲め(飲んでもらえ)ますね

   えっ? むせる原因が違うって?

   何事も慣れですよ 慣れ






   羊が丘の上でメェと鳴く
posted by スケープゴート at 22:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
のんでほしいんだ?w
Posted by yoko at 2006年02月01日 20:07
どうだろ

あえてyesと言わせていただこう

yoko様に捧ぐ
Posted by スケープゴート at 2006年02月05日 00:43
素直でよろしいといっておく。
まぁ、まずいからあんまのみたくないわな。
( ゚Д゚)y─┛~~
Posted by yoko at 2006年02月14日 09:50
おいしいから
飲みたいというのもどうかと
思いますしねw

yoko
様に捧ぐ
Posted by スケープゴート at 2006年02月18日 22:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11302018

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。