2006年01月14日

鐘の鳴る霧の街で



  問いただしたい
  小一時間問いただしたい
  
  おまいらはどこからそんなネタを
  拾ってくるのかと

  落とし主が困ってるぞ!と

  取得物は交番にね♪




  2人の熱々なカップルはとある町に旅行に来ていた

  「ここの街では時計がないんだ。代わりに、
   街の人が1時間ごとに鐘を鳴らしているんだ」

  「まぁ 素敵」

  「そうだ 鐘が鳴るごとにしよっか」

  「ほんと?」

  「あぁ 君に嘘をついたりはしないよ」

  1回、2回、3回 青年は若い。溢れんばかりの活力だ
  4回、5回 さすがに疲れてきた
  6回 限界が近い・・

  青年は6回目を終えた後、
  少し外に出て風にあたってくるといい鐘を鳴らしている
  場所へと急いだ。

  鐘撞きばではひとりの男がパイプを燻らせている。

  「お願いだ。鐘なんだが、2時間に1度にしてくれないか?」

  青年はポケットから紙幣を取り出し突き出した。

  「まぁ、かまわんがね。2時間ほど前にも若い女性に、
   鐘を30分おきに鳴らしてくれと頼まれたよ」

  







  羊が丘の上でメェと鳴く
posted by スケープゴート at 02:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初コメです。
いつも、にやにやしながら楽しく拝見させて頂いております。

女性の方が性欲強いですからね。
男性も強いとは思いますが、限界ありますからね。
何も出なくなりそぉ。
Posted by にゃふん at 2006年01月14日 02:52
コメント 猛烈感謝です!
なんか女性の性欲は無限な気がします
愛も無限なのでしょうか・・・?

にゃふん様に捧ぐ
Posted by スケープゴート at 2006年01月15日 18:16
愛は有限ですよ。ふふ
Posted by yoko at 2006年02月01日 19:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11668247

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。