2005年11月02日

性強購買部の商品 その3:耳よりな情報(1)

初めてできた彼女とのはじめてすごす夜。

あなたは、いろいろな欲望に渦巻かれ、食事中も、一緒にテレビを見ているときも気が気でないかもしれません。

しかし、いざ彼女とベットに入って待ちに待ったsexをしようとしたとき、相手が処女だった場合、とても痛がられて結局なえちゃったってことはありませんか?

ひょっとしたら、それがトラウマになっている方もいらっしゃるかもしれません。

そんなあなたにこの商品はひとつの手助けになるでしょう。

まず、うまくするための第一前提は、「あせらないこと」と「自分ではなくて、とにかく相手を思いやること」の二つです。

決して自分勝手に突っ走ってはいけません。

では、これから手順を説明します。

初体験の女の子が、なぜ、とても痛がるのか。

それは、それまで使われてこなかった膣の筋肉が硬直してしまって、伸縮性を失っているからなんです。
だから、まずは、それをほぐしてあげなくてはなりません。
手の平全体を使って、やさしくさすってあげてください。じっくりと、決してあせってはいけません。自分をぐっとこらえる。好きな相手であればできるはずです。

次に指を入れます。この段階で、彼女のあそこはもう濡れているかもしれません。でも、あせりは禁物です。

指は、ゆっくりと、小指から入れていきましょう。細い指から順番にです。一気に入れるのはなくて、ゆっくりゆっくりです。
そして最後まで入れることができたら、そのまま彼女がなれるまでしばらく待ちましょう。
決して指を動かしてはいけません。

次に人さし指です。人さし指は、小指よりも長い上に太いので、さきほどよりも慎重にしましょう。小指では痛がらなかった彼女も、ひょっとしたら人さし指では痛がるかもしれません。
とても痛がるようでしたら、やめることも必要ですが、彼女だってあなたのことが好きなんですから、多少の痛さは我慢してくれます。恐れず、でも慎重に入れてあげましょう。

もし最後まで入れることができたならば、また入れたままで時間をおきます。

次は親指。

親指は短いけれども、指の中ではもっとも太い指です。それゆえに人さしゆびと同じくらいかそれ以上の慎重さを持って入れていきましょう。

もし、親指まで成功したならば、もう、かなりのハードルは越えています。

最後は、あなたのペニスを彼女の中に入れるだけです。

でも、このハードルが最後にして最難関です。

まずは、入れる前に、彼女の股間にあなたのペニスを当てて、これから入れるとの合図を送ります。

それから、腰を低くしっかりと落として入れていきましょう。

最初は、先のほうだけを。あせってはいけません。ゆっくりゆっくりです。

慎重に、徐々に入れていきましょう。






この商品はここまでです。これから先は、あなたと彼女次第です。

sexには人それぞれで、極度に痛がる人もいればあまり痛がらない人もいます。

なので、上にあげたことは、ほんの一例に過ぎません。なので、これだけやれば大丈夫と言うわけでは必ずしもないってことです。

最後に、初めての女の子とのsexのときは、とにかく相手を思いやることに徹してください。

決して楽しもうなどと考えてはいけません。

それから、絶えず声をかけ続けることが必要です。初めての女の子は、極度に緊張している場合が多く、緊張していなければ意外と痛くなくすんだという場合も多いのです。

だから、とにかく緊張をほぐしてあげることが重要です。

あなたに、彼女に対する愛があれば、どんなめんどうくさいことも必ずやってのけることができるでしょう。

もし、今までうまくいかなくて悩んでいる方がいらっしゃいましたら、上の方法を試してみてはいかがでしょうか。

一度でうまくいかなくても、何度かやっているうちにうまくできるかもしれません。

時間がかかっても、それは愛する彼女のため。うまくいかなければ、あなただけでなく、彼女だって凹んでいるのです。

やさしく声をかけて、励ましてくださいね。

うまくいかなかった人たちの、一人でも多くの方がうまくいくことを願っています。
posted by アワ at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ものすごいエロさを感じたのは私だけではないはずだ。
Posted by にゅす at 2005年11月03日 03:07
にゅす様へ
それは男の性でございます。
Posted by アワ at 2005年11月03日 04:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。