2005年11月12日

性強購買部の商品 その26: 空気娘と僕 中

  リアルドールをめぐる物語

  ツヅキダー




  「リアルドール」でググった僕は
  一番上にあった所に潜入を試みたのだ

  そこで見たものは!


  最初に煽り文みたいのが書いてある

  それによると

  リアルドールは精巧な為それを
  置いておくだけで猥褻物陳列罪(あってる?)
  に問われるとか
  だから日本での販売は許可されてないとか
  だけど外国のものを個人的に取り寄せるのは
  許可されてるとか

  へー 
  僕は思わず感心!
  わりと僕って純情なのだ!

  でキニナル リアルドール

 
  「高っ!」

  「そして 怖っ!」

  百万ですとーーーーーーー

  しかも送料で10万?

  いや そっち系のお店に行き続けることを
  考えれば 安いとか力説されても・・・


  そんな将来設計いやだーーーー


  どうやら空気人形のようなものじゃなくて
  シリコン性の弾力がよりリアルに作られたものらしのだ

  しかも 3つの口が全部使えるらしいですよ奥さん!

  といっても 僕みたいな貧乏学生に手が届く代物では
  ないのだ!


  というか
  いくら アノ時は顔なんか見ないぜ
  と豪語なさる方でも
  使わないとき
  アノ無表情な顔が
  押入れの中で横たわっているのを
  想像したらちびっちゃいそうです

  というか
  もし不必要になったらどうしましょう?姐さん!
  粗大ゴミでしょうか?おっかさん!

  夜中に抱えて不法投棄ですか
  もし不審者として捕まったら
  もうお嫁さんに行けなくなってしまうぞ!

  

  思ったより長くなってしまったのだ
  続きはまたこんどー




  五月猫
posted by 5月猫 at 00:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
100マンだなんて…
Posted by にゅす at 2005年11月12日 01:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。